スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地頭クイズ ソクラテスの人事」 就活生必見番組! 

今日は銀座。みんなやけに信号無視するなーなんて思ったら歩行者天国だったw そういえば今日は日曜日。だけど今日も面接(;^_^A
P1050513.jpg

さて,最近説明会にいろいろ行って思うのは「説明会の司会って絶対美人の人出してくるよなー」ということ。今日もどこのモデルさん!?ってくらい美人。そういう話しをグループの人と話していたら,「この会社は顔で選ぶらしいよー」と,とある人。そう言われても仕方ないくらい周りは美男美女ばかり。けど,女性は顔じゃない!中身が重要だっ!(*^ー゚)b

そんなことを思いながら,今日のネタができたーと思って帰宅。テレビを付けたらNHKで「地頭クイズ ソクラテスの人事」が再放送されていた。これはNHK番組たまごで昔放送されたもの。「NHK番組たまご」とはNHKが単発で行う特番で,「地頭クイズ ソクラテスの人事」はその昔放送されていたもの。内容は実際の企業の人事担当者が芸能人に対して地頭力を問うような問題を出題し,本当の採用面接だったら誰を採るかというバラエティ。

そういえばその昔見たとき,これがレギュラーになればなぁ。。。って思ってたのを思い出しつつ最後まで番組を見ると・・・

「地頭クイズ ソクラテスの人事,レギュラー化決定!」というスーパーが!!

NHK総合で4月2日から毎週木曜午後10時~10時45分放送。これは就活生必見!!!


こういういい番組をもっともっと作ってほしいな♪

  


今日の音楽:Jazztronik/Love Trive
今日説明会でラウンジが流れていたので,今日はラウンジ♪


もしよければクリックお願いします!m( _ _ )m

スポンサーサイト

29~,ワイドにするなら36! 

ってCMを知っている世代は僕らが限界なのかなぁw テレビネタが続いているねw

今日「平成教育学院」を見るためにテレビを付けたらその前の「サザエさん」の放送中。カツオの声が変わってからショックでずっと見てなかったけど(昔もそんなに見てなかったけどw),今日久しぶりに見たらアスペクト比が16:9になってる!!!ヽ(゚Д゚; )ノ サザエさんも次世代なんだねーw
IMGP9519.jpg

そんななか,未だうちのテレビは4:3のブラウン管。
というのも,そのテレビを買った当時はまだまだ液晶テレビが過渡期の頃。デジタルに完全移行するときにSED(Surface-conduction Electron-emitter Display)にしよう!ということでブラウン管を買ったのだ。

しかし,ご承知の通りSEDは未だ発売する予定無しorz デジタルに完全移行するときは何にしようかなぁ・・・。

今日の音楽:椎名林檎/月に負け犬
たぶんテスト期間中は林檎のみw 月に負け犬は名曲!冒頭の歌詞でやられる


もしよければクリックお願いします!m( _ _ )m

出社が楽しい経済学 

先日よく見るテレビ番組を書いたけど,そういえば書き忘れていた番組が

・週刊こどもニュース
・あしたをつかめ ~平成若者仕事図鑑~
・一期一会 キミにききたい!
・出社が楽しい経済学
・めざせ!会社の星

と,NHKばかり!しかも全部土曜日。とりわけ週刊こどもニュース以外は22時から2時間連続。
その中で「出社が楽しい経済学」は最近始まった番組。これがなかなかおもしろい。

経済学で基本的な用語を,とある企業の社員を例にわかりやすく解説してくれる。第1回目から,「サンクコスト」「機会費用」「比較優位」と3回続いた。監修(してるのかな?ただ解説しているだけ?)は「スタバではグランデを買え!」の吉本 佳生。この本は駄作だったけど,この番組はなかなかうまくできている。

ちなみに,基本的な経済学を勉強したいならこの本はかなりためになる!伊藤さんの本好き~(ノ´∀`*)
IMGP9430.jpg

次回は「インセンティブ」だそうだ。インセンティブって結構便利な言葉なんだけど,結構知らない人が多いのでなるべく使わないようにしている。けどたまに使ってしまって「インセンティブって何?」って聞かれることがしばしば(苦笑) まだまだコミュニケーション能力が不足している管理人。

自分の専門性や知性をひけらかすためか,専門用語を多用する人がいるがそれはよくない。専門用語はわかる人同士で使うと会話が円滑に進むが,そうでない人同士だと相手に不快な気持ちを与えてしまう。コミュニケーションにおいて重要なことのひとつは,相手に合わせてわかりやすい言葉を使用し,わかりやすく話すことである。

と,書きながら話題が転々としているこの国語力のなさorz 書きたいことはいっぱいあるけれど,支離滅裂になってはダメだなぁ。。。

今日の音楽:椎名林檎/喪[@] CェNコ瑠ヲュWァ(SO COLD)
これ聞くとベースしたくなるw 試験期間中は林檎率高し。


もしよければクリックお願いします!m( _ _ )m

図書館ねこデューイ 

僕が見るテレビといえば

・カンブリア宮殿
・ガイアの夜明け
・WBS(ワールドビジネスサテライト)
・平成教育学院
・がっちりマンデー
・所さんの目がテン
・九州けいざいNOW

と,ほぼ経済番組。ただ,唯一のバラエティとして「奇跡体験!アンビリバボー」もたまに見る。

今日は400回記念のスペシャルということで,「世界一有名な猫の全記録」なるものが放送されていたので気になって見てみた。この番組の感動する話好きなんだよね~( ;∀;) 感動する話を聞いたら元気が出る。ヨーグルトをじゅうたんにおもいっきりこぼして凹んだ今夜にぴったりの番組だw

番組の詳細はこちらへ。ちなみに,この話は本にもなっているし映画にもなる予定なんだと。



猫ってかわいいよねー(ノ´∀`*) (写真は先日の別府旅行で海沿いの道にいたネコ)
IMGP9198.jpg

今日の音楽:Michael Brecker/Cabin Fever
素敵なサックス奏者♪


もしよければクリックお願いします!m( _ _ )m

いいテレビ番組を見るのは刺激になる 

P1030004.jpg
(カンボジアのシェムリアップ 地雷博物館の帰り。よく見るとこども達は裸足で何キロも歩いていた。貧しい国だけど,こども達は元気いっぱいにこちらに手を振ってくれた。)

最近部活やらなんやらで帰宅するのは夜遅く。今日はやっと昼間時間が取れたので,ジュンク堂でまったり本を物色♪約2時間いろいろ本を見てかなり幸せな気分になり帰宅。

普段ほとんどテレビを見ないけど,昼飯を食べながら何気なくテレビをつけるとバックパッカーやってたときに行った場所がいろいろ写っていたのでそのまま見入ってしまった。「オトナには何ができますか?~20年目を迎えたアジア太平洋こども会議~」という番組の再放送。アジア太平洋こども会議に出席した親善大使の国の問題について取り上げられていた。

カンボジアの地雷問題,インドのエイズ問題,ラオスの水問題,キリバス共和国の海面上昇問題などなど。

ほんっと世界って広いし,まだまだ課題が山積み。日本にいると全く実感できないけど,日本って恵まれすぎている国だよなぁって帰国してからすごく思うようになった。ちょうど今読んでいる本にこんな一文が


“見たくないものほど見つめるのだ。きみを取り巻く現状の問題でも,自分自身のことでも,見たくない部分を勇気を持ってきっちりと見つめるのだ。涙が出るほど。その瞬間はつらいだろう。しかし,そのあと強くなっていく自分にも気づく。なにより,見たくないものは,見なければいけないものであることがほとんどなのだ。”


まさにその通りで,このテレビ番組を見ていると本当につらくなる場面も多かった。しかし,現実を直視しないと問題解決の糸口も見いだせないし,何より現実から逃げようとしても現実が現実にある以上それを直視して自分なりに考えて生きていかないと何も物事は進まない。と個人的にすごく思っている。いい番組見られたな~。

また外国行っていろんなことを体験したい。恵まれた環境で育ってきた分,自分に何ができるか真剣に考えてみよう。

今日の音楽:akiko/Breathing Life
アルバム「Vida」の3曲目。このアルバムは休日お昼な感じ♪


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

感動した!!ガイヤの夜明け「高きを目指せ ニッポンの学生たち」 

今日はTOEICの模試をしてみた。結果は・・・665点!英語が苦手な僕としては上出来♪

管理人の使っている参考書
P1030807-1.jpg

とまぁ,今日はそんなことはどうでもよく。

今日のガイヤの夜明け「高きを目指せ ニッポンの学生たち」は感動した!!!

車好きなら知っているかもだけど,東海大学の「ル・マンプロジェクト」と,それに付随してエリーカで有名な慶應義塾大学の電気自動車研究室の特集だった。

参考ページ
東海大学 ル・マンプロジェクト
慶應義塾大学 電気自動車研究室

ル・マンという世界最高峰のレースに挑戦する学生達。それを指導する林先生の姿。もうすべてがかっこよくて何回も鳥肌立ってしまった。

普通じゃ学生がル・マンに挑戦するなんてとてもじゃないけど考えられない。けど実際に彼らはやってのけた。

大学ってやる気のある先生からない先生まで。意欲のある学生からない学生まで。楽をしようと思えばいくらでも楽できるし,がんばろうと思えばいくらでも勉強できる。

林先生の研究室は,ここまで意欲のある学生がそろって,かつ世界最高峰の経験を提供してくれる。番組の冒頭でも言っていたが,周りを見たら“いかに楽して大学生活を過ごすか”という人が少なからずいる。

けど,大学って利用しないと損。今の学生には,せっかく大学生になったんなら大学をもっともっと利用してやればいいのにって思う。自ら行動すれば何でも提供してくれるんだから。

今日の特集で,目標持って行動する学生に心打たれた。僕がいつも思っていることの1つに,「なんでもいいから,何か1つの目標の向かって努力する人はカッコイイ」ってのがある。僕も彼らみたいにがんばろう!

誰もが不可能と思う学生のル・マンへの挑戦。世界最高峰のレースを終えた彼らの目は輝いていた。

本当にかっこよかった。このブログを関係者が見ているかもね。本当にお疲れ様!!!

今日の音楽:The Oscar Peterson Trio/Days Of Wine And Roses
ピアノが心地よい♪

もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

NHKスペシャル 日本とアメリカ 第3回 日本野球は“宝の山” ~大リーグ経営革命の秘密~ 

今日帰宅後何気なくテレビを見ていたら,NHKスペシャルが非常におもしろかったので見入ってしまった。今回のテーマは日本とアメリカ特集の第3回「日本野球は“宝の山” ~大リーグ経営革命の秘密~」

特にプロ野球には興味がないけど,経営学的な視点から球団経営を考えると非常におもしろい。今回は主にレッドソックスの経営戦略について取り上げられていた。一番興味を持ったのは,数学的・統計的データを利用しての選手獲得について。今までの打率や防御率という指標は当てにならない。という自分も常日頃思っていたことが取り上げられていた。

僕が少年野球をやっていた頃。。。

バッターボックスに立って,ボール球を見逃すと,コーチが一言「うたんかー!振れ!振れ~!」と。当時からませガキだった僕。進塁率を上げるためには四死球の多いピッチャーからあえて四死球をねらったほうがよい。という持論を持っていた。また,ピッチャーの防御率は当てにならない。三振を多く取り,四死球が少ないピッチャーの方がよい。という持論も。「野球も計算だ!」とコーチに食いついていた小学6年生の僕w

で,その僕の持論と全く同じ理論が放送されていたのだ。約9年の歳月を経て持論が証明された!(TдT)うれしい

とまぁそれはおいといて,企業経営を考えたとき,数学的・統計的データを活用することは非常に重要だということ。「経済・経営学は数学だ!」とは僕のバイクの師であるすごいお方の言葉。

自分が将来やりたい仕事は数学や工学の知識を経済や経営に生かすもの。今日自分の進路選択について少しためになったと思う。

最後に最近読んでいる本。ファイナンスもおもしろいよね。
P1000668.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。