スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生活でやるべき3つのこと 

Conteo regresivo a la tesis

更新が遅れて本当にごめんなさい。。。

いろんな人から「更新まだ!?」と言われていたものの,なんだかんだでバタバタして更新できず。ネタはたまっているのに推敲する時間を作れず,やっと今更新。

コンサルティングファームに入って1ヶ月。まだまだ研修受けているだけのアナリストだが,学生時代こんなこをやっておけばよかったとか,こんなことやっておいてよかったと思うことが社会人になっていろいろ出てきたので,そんな僕の思いをつらつら綴ってみることにする。タイトルの通り,僕が思う「大学生活でやるべき3つのこと」を紹介しよう。本当は5つくらいあったけれど,頑張って3つに絞ってみた。


■海外に目を向ける(留学する,海外の大学に行く,放浪する)
僕が人生で一番失敗したと思うことは,海外留学を諦めたことだ。確か高専2年生くらいのときに,「そろそろ留学しよう」と考えていたのだが,あまりにもクラスメイトがいい奴ばかりで離れたくなかったので留学を諦めたことがあった。また,その高専在学中に「大学に入ってから留学しようと決意していたものの,不覚にも1浪してしまい,留学でさらに1年プラスになるのが嫌で諦めたこともあった。これらのことは今でも悔やんでいる。

このグローバルな世の中で英語を喋ることができなかったり,異文化交流をしていなかったりということはかなりのマイナスだ。とりわけ英語をうまく使えないことで多くのことを損している。仮に英語ペラペラスキルが数百万で売り出されていたら即買いするだろう。何百万,下手したら何千万払ってでもそのスキルを持つ効用は高い。

価値観を磨き,英語の能力を伸ばす一番手っ取り早い方法が海外留学すること。TOEICやTOEFLなどの点数を上げたり,スクールに通って英会話を身につけたりするのもいいが,それでは中途半端な英語能力になるだけだ。学生時代たった数年間留学して語学力を磨くだけで,一生得する人生歩めると思う。しかも留学することで価値観も広がり,その後の人生観が大きく変わることも間違いない。社会人になってから同様のことをやるなんて無理に等しい。学生だからできること。若いうちにやっておいてほしいこと。


また,留学に限らずどんどん海外旅行してほしい。とりわけ途上国に行ってほしい。

先進国なんて社会人になって稼いで行けばいい。若いうちに途上国に行って,どれだけ日本が恵まれているかを体感してほしい。Googleで世界中の情報を検索することができても,実際に自分の肌で体験して初めてわかることがある。自分の見ている"世界"が"世界"ではないのだ。


■ひたすら勉強する(本を読む,資格を取るなどなど)
社会人になったら本当に時間がない。学生の時は,「講義にサークルにバイトに宿題に・・・学生って社会人よりも忙しいじゃん!」って思っていたけれど,実際働き出すと社会人って本当に大変なんだと実感した。今は研修中で早めに帰ることができるけれど,プロジェクトが始まったら日付が変わって帰れるかどうかわからない。

せっかく暇な学生時代だから,ひたすら勉強することをお勧めする。僕の座右の銘はプロフィールにもあるように,

“An investment in knowledge always pays the best interest. - Benjamin Franklin ”

と,知識への投資は最大のリターンをもたらすと思っている。「勉強」って聞くと嫌なイメージを持つ人もいるかも知れないが,人生常に勉強だ。人生で勉強は避けて通れない。しかも,何の役に立つかわからない勉強して得た知識がいつか役に立つことが来る。僕は高専で機械工学を勉強していて,それは実生活で全く役に立たないと思われがち。しかし,高専で学んだことは僕の毎日の生活にフィードバックされて,僕の生活を豊かにしてくれている。僕は昔から「勉強すればいつか点と点が線で結ばれるときがくる」と言っていたが,かの有名なスティーブ・ジョブズの名スピーチでこのことが語られているので,ぜひぜひこのスピーチを見ていただきたい。

具体的には,まずはひたすら本を読むこと。出版と市場の原理というスクリーニングを経て,多くの人の考え方が凝縮されたメディアをたった数千円で手に入れられる本というものは本当に素晴らしいものだ。普通に生きていたら絶対に会えないような人の考え方を共有できる。しかも時代を超えてだ。ジャンルは問わず,ひたすら本を読みあさることで先達の知恵を吸収してほしい。僕は今まで本に何十万と投資してきたが,その分のリターンはしっかり返ってきていると思う。ちなみに,本の読み方と言えば「本を読む本」がお勧め。今も読み継がれている名著。



また,ビジネスに役立つ勉強をするなら「IT・英語・会計(もしくはファイナンス)」の3つはしっかりマスターすべきだと思う。この3つはよくビジネスマンの三種の神器とよばれるもの。主観ではあるが,具体的には「基本情報処理試験・TOEIC800点台・簿記2級」くらいあれば十分だと思う。暇な大学生なら在学中に絶対取れる。あと,これも主観ではあるが,僕はもう1つ「デザイン」という項目を付け加えたい。デザインはすぐに・直接的に役立つものではないかもしれないが,あらゆる事象を包括してデザインの考え方が役に立つことが大いにある。逆に言えば,上記3つよりもまず先にデザインを勉強した方が人生豊かになるかもしれないというのが持論だ。


■仕事観を磨く(単発のバイトをやりまくる)
僕は16歳~23歳まで,かれこれ数十個のアルバイトをやってきた。これはバイトが嫌になって辞めてを繰り返した訳ではなく,意図的に短期のバイトをメインに行ってきたからだ。なぜ短期をメインにしたかというと「自分の仕事観」を明確にしたかったから。

日本は雇用の流動性が低く,1度ある会社に入ったら定年までその会社で働くという考えが一般的だ。今でこそ転職市場が活発化してきたものの,やはり雇用の流動性は低い。新卒一括採用で入ったその会社が自分に合っていなければ,不幸な人生を定年まで送るはめになることも考えられる。

そのため当時16歳の僕は,学生のうちにいろんな仕事を体験して,「自分が仕事に対して何を求めているのか,自分にあった仕事とは何なのか,働くとは何なのか」を探すために,あえて短期のバイトをメインに何十社と渡り歩いてきた。この体験が僕の就職活動に大きく影響したことは言うまでもない。確かに1つのアルバイトをずっとやることもいいことだと思う。ただ,「自分の仕事観」を探すためなら,モノカルチャーに浸からずに多くの企業のエッセンスを得られる単発多数のアルバイトをお勧めする。


最後に,学生の時は常に考えて目標意識を持って行動してほしい。文系学生にありがちな単位を取るためだけに大学に行き,家では麻雀したりマンガを読むだけで,バイトで稼ぎまくってそのお金は服と交際費に消えていく・・・なんていう過ごし方は本当にもったいない。(ただ,麻雀も少しやっておくと役立つこともある。)大学は向こうからは何も与えてくれないが,自ら与えてほしいと言えばなんでも与えてくれる。刺激的な友人を見つけたり,図書館を有効活用したり,自分の専攻外の先生にアポを取って話してみたり,海外留学したり,サークル活動に打ち込んだり・・・どれも学生だけの特権だ。

学生時代は,佐藤優氏の「がっついたビジネスパーソン」っぽくいうなら,「がっついた学生」になってほしい。がっついた学生は本当におもしろい。そして自分ががっついた学生になれば,自然と自分の周りにはがっついた人しかいなくなる。類は友を呼ぶとはよく言ったものだ。

さて,がっついたビジネスパーソンになるべく,僕も今から勉強だ!



もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

スポンサーサイト

Stataで統計解析 

ゼミ論では計量経済学っぽいことをしている。統計解析ソフトで有名なStataを使って,今日は統計解析を行った。

わかる人にはわかるこの画面。
stata2.jpg

GUIを多用するやり方ではなく,コマンドを自分で打ち込むUI。逆にSPSSはマウスでぽちぽちやるUIらしい(先生談)。

多少かじった程度ではあるが,こういったときPCやプログラミングなど勉強しておいてよかったと思う。「英語・IT・ファイナンス」だ!

Stataの使い方はなんとなく理解できたので,あとは思考を深めるぞ!


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

ゼミで工場見学 

今日はゼミで工場見学。なぜゼミで工場見学?(しかもうちのゼミはファイナンス専攻)というツッコミはおいといて,工場見学大好きな僕は今日が楽しみで仕方なかったw 今日は九州にあるトヨタとアサヒビールの2つの工場を見学。

今回はバスをレンタル。バスの張り紙がウケたw
DSCF0879.jpg

最初はトヨタ自動車九州!
DSCF0881.jpg

元機械畑の人なので,こういうのを見るだけでもわくわく(〃▽〃)♪
DSCF0886.jpg

i-unit発見!乗りたかった~
DSCF0888.jpg

ここからは工場内撮影禁止なので写真なし。工場ではトヨタの「カイゼン」を至るところで見つけることが出来た。さらに座学で学んだことをいろいろ復習することも出来た。というのも,ちょうど数日前から「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」という本を読んでいたということが大きい。以下Amazonより書評。

機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で 250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」である。

長引く経営の悪化、工場閉鎖までたった3か月の猶予期間、多忙な日々のなかないがしろにしてきた妻との離婚の危機…。アレックスは、あまりの危機的状況にすっかり意気消沈していた。その前に、モデルは著者と目される恩師、ジョナが現れ、彼にアドバイスを与える。工場を救うために業務改善に挑む登場人物の苦悩や目標達成の興奮が伝わってきて、ビジネスの醍醐味を感じさせるストーリーだ。

本書は小説ではあるが、その内容は恐ろしいほど実践的で、会計情報の正しい見方や落とし穴、「効率化」の陰に隠された諸問題を浮き彫りにする。魅力的なストーリーの中に複雑な業務改善のノウハウがわかりやすい形で盛り込まれており、ビジネスパーソンやマネジャー必読の内容である。

また本書は、問題解決にあたってはゴールを共有し、信念を貫くことが重要であること、数字の陰に隠された実態を見抜くことの重要性、情報共有化の意義など、経営において重要な示唆も与えてくれる。

本書が長い間日本で出版されなかった理由については、「解説」で著者エリヤフ・ゴールドラットのコメントが引用されている。それによると、「日本人は、部分最適の改善にかけては世界で超一級だ。その日本人に『ザ・ゴール』に書いたような全体最適化の手法を教えてしまったら、貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥る」というのが出版を拒否し続けた理由らしい。

本気か冗談か知らないが、いずれにしろ、アメリカが出し惜しみするほどの名著を日本語でも読めるというのは非常に喜ばしいことである。(土井英司)

そんな本を見ていたからか,効率とは何か?スループットはどのくらいか?などという観点から工場を見学することが出来た。多分数年前の僕だったらただ単に機械畑の観点からしか見ることが出来なかっただろうけれど,今回は会計やファイナンスの観点から工場見学をすることができた。改めて文理両方の勉強が必要だと感じたひとときで非常に有意義なものだった。

そして工場見学が終わったら質疑応答の時間。先生が交渉してくれて,30分ほど質疑応答の時間を作ってくださったのだ。かるーい質疑応答かと思いつつ,人事と工場のお偉い人ふたりがいらっしゃって,学生および先生からファイナンスの観点から結構鋭い質問が飛び,さらにそのおえらい人からはきわどい回答も飛び,非常に満足できる質疑応答の時間だった。

トヨタの工場を後にして,昼食を取った後はアサヒビールの工場へ。これで九州にあるビール工場全制覇!w
DSCF0889.jpg

初めて麦芽を食べたw
DSCF0899.jpg

工場見学のあとはもちろん試飲!アサヒビールといえばスーパードライ!みんな「いやーやっぱドライはうまいねー」とか「できたては違うねー」なんて言っていたけれど,僕としてはできたてのドライでもやっぱり味はまず(ry
DSCF0903.jpg

と,そんなこんなで今日の工場見学は大満足!!!またどっか個人的に工場見学いこーっと♪


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

学園祭 ~3日目~ 

今日は学祭最終日!サークルの方にも行きたかったが,今日はまず某大学の芸術に強い学部の学祭に行ってきた。実は編入のときにデザイン系の学部からも合格をいただいていて,今の経済学部に入るか非常に迷ったことがった。今でもデザインの夢は捨てられないので,この学祭でいろんなアートやデザインに触れたかったのだ。

各学科の展示を見た後に,ファッションショーの催し物を見てみた。いやはやレベル高い!特にスクリーンに映し出される動画のクオリティがすばらしい。まじで感動した。
IMGP4554.jpg

その後,人間工学の研究室をチェック。なにやら手の発汗で嘘発見器を作っている模様。ただその研究室がつっこみどころ満載で,教授の日本語意味不明,ゲイン調整があってない(なんで僕がゲインの指示出してんだ?w) 学生にA/D変換について聞いても「A/D変換って何?」レベルwww ほんとに院生か?(爆)
IMGP4598.jpg

バタバタといろんな催し物を見て,またうちの学祭が催されているキャンパスへ移動。学祭最終日ということもあってプロのバンドがいらっしゃっていた。というわけでプロ見学。こんな仕掛けまで登場。
IMGP4676.jpg

IMGP4649.jpg

プロ見学したあとはサークルの最後の演奏を見た後に片付け。無事学祭終了!楽しかった~~!!ヽ( 〃▽〃)ノ


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

学園祭 ~2日目~ 

今日は自身の演奏の日。今日は2バンドで,なぜか両方とも夕方のかなりいい時間帯をいただいてプレッシャー大だったので,早めに控え室に入ってひたすらウォームアップ。ちなみに1つは完全なジャズで,もう1つはフュージョン。

入念なウォームアップ後の演奏は両方いろいろミスったものの,なんとか無事演奏を終えることが出来た。かなりよかったという意見からダメだしまで多くの意見をいただき,嬉しさと悲しさが半々。とにかく録音を早く聴きたい今日この頃。

演奏後は学祭を純粋に楽しんだ。グラウンドでなにやらキャンドルを灯すイベントが催されていたのでそれを見学。
IMGP4321.jpg

その後サークルの片付けを行おうとした矢先,なにやら近くで花火が!!!学祭とは関係ないらしいが,ナイスタイミング♪
IMGP4380.jpg


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

学園祭 ~1日目~ 

学祭1日目は昨日ぶっ壊したデジカメを修理に出した後に参戦。PA手伝ったりカメラ撮影した後にパーカスで1バンド演奏した後,ジャズ聴いたり出店行ったり撮影したり。

ちなみに出店はこんな店もあり。
IMGP4194.jpg

IMGP4190.jpg

ライトアップされて綺麗な感じ。
IMGP4225.jpg

ライトアップを撮影したあとはサークルのトリバンド見学。いやはや全員うますぎてもう。。。まじで感動すると共に自分の下手さに悲しくなる。明日の自分のバンド頑張らなきゃなー。。。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

学園祭 ~準備日~ 

明日から3日間学園祭で,うちのサークルではジャズ喫茶を出店するので今日はその準備のお手伝い。編入生でまだ2回生のつもりだけれどやっぱり4年生として扱われ,あまり指示が飛んでこないので自分でせっせとお仕事探し。午前は力仕事や,ドラムやパーカッションのセッティング&チューニング,午後からはずーっとPAのお手伝いをしてみた。得意なことやるほうがいいもんね。比較優位の問題(*^ー゚)b
DSCF0786.jpg

ちなみに,後ろポケットにカメラをつっこんだままチューニングに夢中になって,誤っておもいっきり椅子に座ってしまったため,カメラがこのような事態に・・・orz
IMGP4098.jpg

明日からは一眼使うかなー。。。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。