スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め就活本。僕はこれで内定をいただいた。 

IMGP5130.jpg
何事にも先達はあらまほしきことなり。

就職活動(以下就活)で悩んだとき,僕たちは先達の知恵を借りたくなる。この時代ネット上のHPやブログで情報を仕入れることもできるし,OB訪問も簡単にできるようになった。しかし,多くの情報が錯乱している故に,結局何を信じればいいかわからなくなる。

しかも,その情報を処理する能力も求められており,今まで人生についてや情報処理について何も考えたことのなかった就活生には,就活というものはとてもハードルの高いものとなっているだろう。

さて,僕が思うにほとんどの就活生は先輩の口コミやウェブ上などのあいまいな情報を参考にしている印象だ。講義室やカフェなどで就活生の話が聞こえてきたとき,僕は「多くの人は単なるイメージ先行で,自身で調べる前から勝手に自身の選ぶ道を決めてしまっている」という印象を受けた。「2chに○○っていっぱいかいてあるしー」あるいは「○○って先輩が言ってたよー」などなど。ここで僕は声を大にして言いたい。

そんなソース不明で曖昧な情報を使って,君は社会人第一歩を決断してしまうのかい?

じゃあお前は何を基準にしたんだよ?と聞こえてきそうだから言っておこう。僕が就職活動をしていたとき特に重視していた先達は

本だ。ひたすら本を読んだ。

もともと本を読むことは好きで,年に100冊くらいは読んでいたと思う。それ以上に,就活中は以前の記事「本代がハンパない」を見てもらってもわかるように,半端なく本を読んだ記憶がある。

誰もが書くことのできるブログやHPなどと違って,本というメディアはあらゆるフィルタを通って世に送り出される。他のどのメディアよりも信頼性の高いものだと思う。しかも本というものは自身が生きている前の時代の人の思考を共有することもできるし,物理的に離れている人でもそれは同じだ。

と,前ふりが長くなってしまった。と言うわけで,以下に僕の就職活動にとても大きな影響を与えてくれた本を紹介することにする。僕が就活中やそれ以前から何百冊と読んだなかから厳選した本の数々だ。あまり世に公開したくないくらいのものだが,この不況下の就活生に僕から送るプレゼントとしたい。


■就活を始めるとき

・7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー/キング・ベアー出版

なぜこの本を一番最初に紹介したか。この本は就職活動以前に,生きていく上でとても大切なことが多く載せてある。読んだことない人はとりあえず読むべし。読まないと人生損。

・就職ジャーナル

今年度からWEBになった
ただ僕は紙媒体のほうが好き。図書館でバックナンバーをチェックしてほしい。

・就職の赤本/就職総合研究所/日本シナプス

就活の基本的情報が多く載っていて便利。最後の統計情報は特に有益。

・就活の法則/波頭亮/講談社

他の就活本とはひと味違ったキレのある内容。この本に書かれている「適職選びの3条件」は僕が思っていたことと全く同じ。この条件を意識してほしい。また,就職活動は内定後も続いているということを意識させてくれる良書。

・絶対内定/杉村太郎/ダイヤモンド社

自己分析シートの前に書いてある杉村太郎のエッセイがとてもおもしろい。自己分析シートを全部行うことはとても大変だが,その前のエッセイは人生についてとても考えさせられるないようなので読んでおいて損はない。

・シンプル内定術/プロデュース/ゴマブックス

学生が書いた本の中で一番よかった。就活を始めて意外なところで「これどうすればいいの?」という部分が出てくるのだが,この本を見れば大体解決した。就活はじめから終わりまで持っていて損はない。


■会社選びに迷ったら

・就職四季報/東洋経済

こんな企業があるんだー!といろいろ発見がある。ただし年収にとらわれないように!就活生にありがちな失敗は年収欄だけ見ること。年収を公開されているのは上場企業だけで,しかもその数字には実はいろいろなカラクリがある。

・若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか/渡辺正裕/東洋経済


・これが働きたい会社だ 企業ミシュラン IT・サービス/渡邉正裕/幻冬舎


・これが働きたい会社だ 社員が教える企業ミシュラン/渡邉正裕/幻冬舎


MyNewsJapanを立ち上げた人
コンサル出身だからか若干そっち方面を勧める傾向にあるが,有名企業の内情を知ることができる。

・ビジョナリーカンパニー/ジェームズ・C・コリンズ/日経BPセンター

言わずと知れた名著。これくらい分厚い本でも読む癖を付けよう!


■グループディスカッション(GD)対策

・就職ディスカッション突破の10の原則

GDはこれだけで大丈夫と思う。薄っぺらくて安くて良書。

・1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術/斎藤 岳/東洋経済新報社

さらにGDについて勉強したい人はこちら。経営コンサルタントの方が実務で培ったファシリテーション技術について書かれている。これは実務だけでなくGDに応用できる。


■面接対策

・内定勝者 私たちはこう言った!こう書いた!合格実例集&セオリー 面接編/キャリアデザインプロジェクト/PHP

面接もこの本だけでいいと思う。超良書。


■働くことって何?生きるって何?って思った人は

・なんのために働くか/北尾吉孝/致知出版社

僕の大好きな北尾吉孝氏が書いた本。これに稲盛さんの書いた本と論語が加われば最強。

・生き方/稲盛和夫/サンマーク出版

説明不要。これを見てない経営者はモグリだと思う。言わずと知れた名著。


■プロフェッショナルって何だ?と思った人は

・プロ論。/B-ing編集部/徳間書店
  
この本は僕のバイブル。一生持っておきたい本。プロとは何か?先達の意見を聞きたいならぜひこの本を。

・プロフェッショナルの条件/P・F・ドラッカー/ダイヤモンド社

ドラッカーの本を読んだことないならまずはこれ。訳がわかりにくいが何度も読んで理解を深めてほしい。

・ザ・プロフェッショナル/大前研一/ダイヤモンド社

「だれでもプロフェッショナルになれる」とまえがきより。個々人がプロになる時代。時代の流れにのってプロとしての道を歩みたい人はぜひ。

・ハイコンセプト/ダニエル・ピンク/三笠書房

僕が昔から思っていたことをダニエル・ピンクが書いていてくれた。ロジカルシンキングだけじゃこの世の中生きていけないよ?と,特にロジカルなどとよく口にするコンサル志望者に見てほしい。遊び心や右脳思考ってすごく重要なのだ。


■自分のキャリア形成に悩んだときは

・本田式サバイバル・キャリア術/本田直之/幻冬舎

自分の市場価値を高めたいと思うなら是非見てほしい。

・会社に人生を預けるな/勝間和代/光文社新書

会社にすがるキャリア形成の時代は終わりだ。パーソナルスキルを身につけるべし。

・キャリアショック/高橋俊介/ソフトバンク文庫

昔の考えは捨てよう。これからの自身のキャリアについて考えさせられる1冊。

・マイクロソフトでは出会えなかった天職/ジョン・ウッド/ランダムハウス講談社

超優良企業の役員まで上り詰めたら幸せか?本当に自分の望む生き方とは何か?について考えさせられる。


と,意外と多くなってしまった。これでも厳選したつもりだ。

これらの本を全部読むことはとても大変だと思う。が,

これくらいのことを大変だと思うなら,社会人やっていけない

とも思う。本を読まない人の思考は浅い。逆に,

本をしっかり読む人は思考が深い。話していておもしろい。視野が広い。僕が人事なら取りたいって思う。

なお,今年度までAmazonが送料無料キャンペーンを行っている。
(※追記:既に終了中)



もし気になる本があったら,すぐに注文して読んでみてほしい。すぐに実践することが大切だ。そしてこの記事を見て,今の就活生が1つでも多く本を手にとって,本を読むことで思考を深めてくれたら幸いだ。

※この本を全て読めば内定を保証するというものではない。また僕のとがった考えなので,多少なりともバイアスがあることを了承してほしい。また,現在別サイトを構築中で,そちらでもこの本のレビュー詳細を行う予定だ。追って報告したい。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

スポンサーサイト

就活について振り返る 

今日もまたカフェへ。就職活動を振り返るためにマインドマップ作成途中。(※手帳やマインドマップはモザイク)
DSCF1077.jpg

家でうーんと考えるよりも,こうやってカフェで実際に手を動かした方が思考が深まる。

実は今日集中講義のため早起きして1コマ目に出席したのだが,1コマ受けて「これは受ける必要ない!」と見切って抜けてきた。(これを経済学的に言うと「サンクコスト」というものである。)不可がついても別にいい。集中講義を受けるよりも,もっと勉強したいことがある。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

デキる人の条件 

今日の3限終了後,編入の後輩から「就活などの話を聞かせてほしい」と言われ,その周りにいた後輩3人も加え,僕も含め計5人図書館でディスカッション。就活の話がメインで結局4時間20分話してたw

いやはや非常に楽しい時間だった。ただ気になったのは僕のコミュニケーション能力の低さ。僕の話が若干彼らに伝わっていなかったり,僕が話すばかりで彼らの本心をうまく引き出せなかったことがちょっと反省点。まだまだ話術を勉強しなければ。。。
DSCF1004.jpg

さて,そういった反省点はさておき,後輩と話していて「こやつ・・・デキる!」あるいは「こやつ・・・伸びる!」と思う人には共通点があることに気づいた。デキる人の共通点はいろんなものがあると思うが,その中でも僕が一番これが重要だと思うことは・・・

「素直さ&実行力」

だと思う。

「ふーん」と思うだけなら誰にでもできる。人からいろんなことを教えてもらって,自分なりにかみ砕いて,そして自分でも出来そうなことだと思ったら素直に行動することが大切だと思う。意外にその人の言動を信用したり,それを聞いて行動することは難しい。

今日の4時間20分の中でも,お勧めの本やブログ,思考法や行動法,PCや電子機器活用術などなどいろんなことを伝授したが,それを「素直に実行する人」は案外少ない。今までいろんな人に,とりわけお勧め本は数多く紹介してきたが,素直に読んだ人は果たして何%いるだろうか?

もしこんな僕からでも何か得ることがあって,僕の話を信用してくれるなら,騙されたと思って素直に行動してほしい。例えば,

・お勧め本を聞いたら,帰りにそのまま本屋で本を買う
・帰宅したらそのお勧めのブログを見てみる
・思考法や行動法を手帳にメモして,日々実践してみる
・エクセルの知識が重要と知ったら,エクセルの勉強をしてみる
・ICレコーダが必須と知ったら,帰りにお店に寄ってカタログをもらってくる


たったこれだけだ。

「デキる!」と思った人はこういったことを実践している。

僕がデキると思ったとある後輩は,僕が薦めた本をすぐ買ってその感想を次僕に会ったときに伝えてくれた。その本がとても素晴らしかったので友人にも勧め,友人も共感したので彼らの分までオーダーしたそうだ。さらには僕が伝えたことを逐一メモして,僕が伝えたことを自分なりに吸収してからまた僕にフィードバックしてくれる。本当に素直に僕の言っていることを吸収してくれる。上から目線で申し訳ないが,彼の成長が非常に楽しみだ。

そんなデキる人になりたいと思ったら話は簡単だ。今すぐ行動しよう。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

就活生必見!「就活type プレミアムイベント」 ハイレベルな合同説明会 

就活終わってから就活の本を買う人は珍しいだろうw 今日は本2冊を購入し,帰宅したらオーダーしていた雑誌1冊が届いていて,今日で計3冊が手元に。(ちなみに就活の法則は図書館で何回も借りて読んでた。早めに買っていてよかったな^^;)
IMGP3439.jpg

写真にある雑誌はtypeという転職サイトが就活に特化して出したもの。クオリティ高し。

送料込み290円でハイクオリティ!買うべし!

ちなみに,なんで安いかってこの雑誌は今年11月17日に催される合同説明会 「就活type プレミアムイベント」の宣伝雑誌で広告多数だからと思われる(笑) ただ,そのイベント参加企業がすごい!

アクセンチュア
デロイトトーマツコンサルティング
ブーズ・アンド・カンパニー
IBM ビジネスコンサルティングサービス
アビームコンサルティング

日本アイ・ビー・エム
日本ヒューレッドパッカード
マイクロソフト
グーグル
日本オラクル
シスコシステムズ
フューチャーアーキテクト

日本GE

三菱地所

三菱商事
三井物産
住友商事
伊藤忠商事
双日

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ

ソフトバンクグループ通信3社
電通国際情報サービス
新日鉄ソリューションズ
シンプレクス・テクノロジー
サイバーエージェント

マースジャパンリミテッド

GCAサヴィアングループ

BNPパリバ


これは行くしかないでしょ!!!ちなみに管理人がお世話になった企業が約半分ほど(笑)

地方学生は交通費払ってでも行く価値大!!!

今日の音楽:Herbie Hancock/New York Minute
バンドメンバーより「これ聴け!」というリストを送られ,そのうちのひとつ。んーかっこいい!


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

内定式と雇用契約書 

今日は内定式のため朝一番の便で東京へ。内定式では法的に雇用契約が発生する正式な書類をいただいた。これにサインしたら僕の来年からの職が決定する。
IMGP3381.jpg


正直期待より不安の方が大きい。

僕にコンサルティング業務が務まるのだろうか。社会人になる人として十分な知識を持っているだろうか。コミュニケーション能力は不足していないだろうか。


未練もある。

総合商社のプロジェクト事例をネットやニュースで見ると,それに加わるチャンスを逃したのではないかと思ってしまう。某外資メーカーの製品を手に取ったとき,僕がその商品を担当するチャンスを逃したのではないかと思ってしまう。マーケティングという言葉を聞くと,某社を思い出す。もし体を7分割できるなら,内々定をいただいた全ての会社で働きたい。


しかし,後ろを振り返ってはいけない。

社会人になると今までとは比べものにならないくらい迅速な意思決定が求められるだろう。未来を考えるために過去を振り返ることは大切だが,過去に意識が向いてしまったままでは未来を見据えることはできない。


僕がこの会社に決めたときの言葉をもう一度思いだそう。

「出来る人はどこへ行っても出来る」

このファームでキャリアを作っていこう。僕がこのファームで貢献できることを考えよう。自らチャンスをつかもう。自分を信じよう。

We aspire to make Google an institution that makes the world a better place. - Larry Page

この僕が好きな言葉のように,僕個人として世界に残したいものを造りだそう。

今日の音楽:Jazztronik/Tiger Eyes
Jazztronikの歌ものは好き。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

なぜ面接を受けた総合商社全部から内定もらったか 

今日も就職支援サークルのお手伝い。
IMGP3127.jpg

今日はワーク終了後のフリータイムでいろんな学生から質問が。どうやら就活生の間や4年生の間でも「商社ならあいつに聞け!」という人になっているらしい(苦笑)

いろいろ質問をされたけれどうまく答えられなかったので,今僕がなぜ面接を受けた総合商社全部から内定もらったかを自分なりに振り返って考えると・・・


いろんな経験と幅広い勉強

の大きく2つかなって思う。


1つ目のいろんな経験

面接で自己紹介をしてくださいと言われたら,僕は必ず今までの人と違った経歴から話すようにしていた。一般的な

「私は○○のような人で,△△のような経験をしてきたので,御社の□□に生かせると思います!よろしくお願いします!」

なんて自己紹介は全くしてこなかった。逆に僕が面接官で,学生がその言い方をしたら正直気持ち悪いって思うだろう。

言い方もしかりだが,サークル活動を頑張りましたとか,ボランティアをがんばりましたとか,サークルでリーダーやってましたとか,TOEIC900点台ですとか,正直そんな学生は全国レベルで見たらごろごろいて全く差別化できない。

なので僕は「今までこういう学校に行って,こういう活動をして,こういう思いで大学に進学して,こういう思いで海外旅して,こういう夢があって,・・・というちょっと変わった学生です。よろしくお願いします。」という面接官が拾ってくれそうなトピックを全て自己紹介に詰め込んだ。

理系の高専生(その中でいろんな活動)→浪人時代に社会人→海外を旅→文系の大学生(大学でもいろいろ活動)

という僕の今までの人生を1回の自己紹介で全て放出した。

そうしたら面接官がネタを拾ってくれるのであとは僕なりの考え,"なぜ"僕が今まで,そして将来そういう人生を歩もうと思ったか,を一所懸命伝えるだけ。僕が今まで受けた就活の面接は全部雑談のようなもので楽しかった。だって僕の思いを伝えるだけだもん。

「そんな経験ないよー(つД`)」なんて思った人は今すぐ行動しよう。留学してもいいし海外旅してもいい。視野を広げることがいろんな経験を積む第一歩。


2つめは幅広い勉強

僕は知らないことが嫌いな人なので,とにかくわからないことがあればすぐ図書館やネットで調べて勉強した。友人と話していてわからないことがあれば,知ったかぶりせずすぐにわからないと伝え,そのことについて教えてもらった。

面接ではたいてい自分が行ったことに対して質問がくるが,他にも社会に対してのいろんな質問がなされた。「商社の今後をどう思う?」「日本の国際的地位の低下を防ぐためには?」「うちの会社をコンサルティングしてみて」「自動車業界についてどう思う?」「日本の教育システムについて改善点は?」・・・などなどなど。

それでも正解・不正解かどうかは別として,僕なりの意見を率直にぶつけることができた。それは僕が無知なことが嫌いで,いろんなことについて"なぜ?"と思って考えるクセを身につけて,そしてその後の勉強を怠らなかったからだと思う。

そしてその勉強のための投資を惜しまなかったことも重要。先日の日記「本代がハンパない」でも記述したが,就活まっただ中の2,3,4月だけでも本代が5万円近く。例えば商社ならジュンク堂で「商社」と名の付く本は全て買ったり,他にも図書館で借りて読んだりした。

常に"なぜ?"を考えて行動する。これだけでも全然違う。


他にもいろいろあると思うが,全部書くと本1冊書けそうなので省略。個別に聞きたい人は僕までご連絡を!

今日の音楽:聖飢魔Ⅱ/地獄の皇太子
懐かしすぎるwww また叩きたいなーw


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

クローズアップ現代と内定者学習 

明日テストにもかかわらず,先程テレビに見入ってしまった。その番組は「クローズアップ現代」。今日の特集は「内部統制って何だ?」。僕の内定先でも内部統制について扱うし,今内部統制はかなりホットな話題だからかなり興味深く見てた。経営コンサルタントも出てたし!

さて,そんなコンサル話題が終わってPCをつけると,ちょうど内定先からメールが。内容は内定者学習について。前からわかっていたが,どうやら卒業までにいろんな資格を"取らなければならない"模様。。。
SS035.jpg

この夏は遊びよりも,ドラムの練習と資格の勉強だな(苦笑)

今日の音楽:Bill Evans/Gloria's Step
Evansはいつ聞いても癒される(ノ´∀`*)


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。