スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ奏者,上原ひろみ 

今日は大学の初講開始日!天気がよくて気持ちよかった~♪(ノ´∀`*) 1年ぶりの講義は眠くて眠くてw 天気がよかったからだろうか。春眠暁を覚えず。

そんな今日の通学中の曲は・・・上原ひろみ「Brain」 昨日たまたま図書館で彼女の特集をした本「上原ひろみ サマーレインの彼方」を発見したので,今日の通学中は彼女の曲を聴きながらその本を読もうというわけ。



ちなみに,一番好きなピアニストは?と聞かれたら・・・自分は「上原ひろみ」と答えると思う。彼女のピアノを初めて聞いたときは鳥肌立ったなぁ。First Albamの「Another Mind」を聞いたとき,「なんだこのトリオは!?Σ(゚Д゚;o)」ってビックリした記憶がある。ピアノだけじゃなく,3人それぞれがぐいぐい前に出てくる感じ。スピーカー越しでも彼らの高揚感が伝わってきた。彼女の時には繊細,時には力強いピアノは天才としか言いようがないと思った。



この本は世界中を飛び回る彼女を追ったドキュメンタリー本。その中の彼女の発言で印象に残った言葉。

・「BOSSYはいやです。そこにいるみんながいい状態であって初めて,私は音楽に集中できるんです。」
・「私が大切だと思っていることは,努力・根性・気合いの3つです。」
・「絶対に途中で投げ出してはいけない。逃げてはいけない。音楽以外の気分転換なんかやっても,解決にはならないからです。正面から向き合います。いつもの倍音楽のことを考えて,いつもの倍ピアノを演奏するほかにないです。」


世の中には天才と呼ばれる人は多くいる。彼女もそのひとりだろう。けどその裏には血のにじむような努力があってこそなしえるもの。また,そのような人には自然とその人を支えてくれる多くの人が集まるもの。

自分も努力を惜しまない人間になりたい。何事にも前向きに。何事にも素直に。何事にも一生懸命に。

この写真は感動した。上原ひろみ,是非ご試聴を。
IMGP0410.jpg


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/119-bf090ddc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。