スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「できる人の教え方」とプラス思考 

P1040280.jpg
言わずと知れた名講師,安河内哲也の著書「できる人の勉強法」は僕のバイブル。今日は同じ中継出版から安河内哲也が書いたできるシリーズの4冊目「できる人の教え方」を読んでみた。

結構前に購入済みだったけど,まだ読んでなかった本。なぜ今日読もうかと思ったかというと,昨日ドラムの先輩からジャズの叩き方について教えてもらったことがキッカケ。その人はホントに人がよく,かつ教え方が上手。(こんなに人がいいと思った人が現れたのは久しぶり) どうやったらこんなにうまく物事を教えられるようになるんだろう,と思って本棚からこの本を取り出してみた。

読んでみて,これはまたしてもこの本は僕のバイブルになりそうだと思った。できるシリーズ3作に網羅されていた内容もふまえ,さらに教え方がプラスされていてそれは心理学的にも脳科学的にも理にかなっている。「教え方」と表題にはあるが,それは自分をマネジメントする方法としても活用できそう。さすが安河内哲也。彼の本を読むとプラス思考になれる。

プラス思考と言えば,昨日ドラム叩けてなくて相当凹んでいた。先輩に練習中逐次ジャズの叩き方について教えてもらい,練習の最後にいろんな人から「今日は最初と最後でドラム全然違ったね~」と言われたから。「あ~やっぱり自分が足を引っ張ってるんだorz」って考えていたけど,考え方を変えたら「今日で相当上達した!今日教えてもらった分,次回からはもっといい演奏ができる!」って考えもできるんだよね。

根っからのネガティブ思考の自分。数年前からなんとかしてポジティブ思考に替えようと努力中。ネガティブになってもいいことないし,明日からまたがんばろう!!

今日の音楽:勇者/T-SQUARE
ドラムがんばろうと思ったとき・・・こんなときは則竹裕之と神保彰w

もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/279-08b3d4a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。