スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝くじやミリオネアの期待値 

IMGP8212.jpg

(今日はファイナンスの勉強。今まで熱伝導とか梁の曲げとか運動方程式とかやっていた人が,ファイナンスするとはw 人生何が起こるかわからない。)

さて,最近よく年末ジャンボ宝くじに長蛇の列をなしている光景を見る。よく当たると言われている売り場にはめっちゃならんでいて,それ以外は閑古鳥が鳴いている状態。それを見るたび・・・

あほらし~(の´`の)

と思う( ;´・ω・`) まぁそう思う人は僕だけじゃないはず。確率論を勉強すればいかにギャンブルがあほらしいかわかる。

そもそも,いっぱいならんでいる売り場の方がその分あたりが出るに決まってる。宝くじの当たる確率は売り場によって変わらない。そして,なんといっても期待値の問題。ギャンブルは買い手よりも売り手の方が確実に勝てるように数学的に計算されているのだ。

今日はいろいろ計算していて手元にちょうど関数電卓があったので,年末ジャンボの期待値を求めようと思ったけど・・・・めんどくさいのでググってみたw

参考サイト:宝くじの期待値

参考サイトより,1枚300円の宝くじの期待値は145円。つまり世の中に出回っているすべての宝くじを買ったとしても,購入時の半分にしかならない計算。んーあほらしい。これなら金融商品に投資した方がよっぽどいいな。


ちなみに,以前ミリオネアを見ていたときに思ったこと。

1000万円の問題。4分の1の確率でミリオネア。4分の3の確率で100万円。ドロップアウトすれば750万円。ここで挑戦者の一言「挑戦します!」そして観客「男らしぃ~(〃▽〃)」

・・・これもあほらしい(笑)

これも期待値で考えるなら,

1000 * 1/4 + 100 * 3/4 = 325 < 750

というわけで,僕だったら絶対ドロップアウトする(笑)

数学やファイナンスすればするほど,金儲けするのに簡単な手法はないことに気づく。一番手っ取り早い方法は,やっぱりしっかり勉強することだな! *‘ω‘)φ


今日の音楽:Stevie Wonder/To Feel The Fire
缶コーヒーでおなじみ。


人気ブログランキングに挑戦中です!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/375-2b2a3557

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。