スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google日本語入力とフリー 

「ATOKは2010が出るまで待つかなー」なんて生協でカタログをもらった今日。帰宅してtwitterを見ると,なにやらタイムラインが「Google日本語入力」で埋め尽くされていた。。。

というわけでRSSをチェックしてみると10数記事引っかかっていた。いやーGoogleすごいなぁ,と思った次の瞬間,すでに僕はインストール画面に飛んでインストールボタンを押していた(爆)

グーグル、無料の日本語IME「Google日本語入力」公開 ~ Windows/Macに対応

SS127.jpg

豊富な語彙
Web で使われている膨大な用語をカバーしています。

優れたサジェスト
数文字入力するだけで候補を表示します。

すべての環境で
メールやチャット、オフィスソフトなど、いつでもどこでも利用できます。Windows と Mac に対応しています。


インストールページに飛ぶとそう書いてあった。なるほど理解。確かに上の2つはGoogleの専売特許だもんな。

どれだけすごいかはもういろんなサイトやブログで語られているから省略。個人的には

ATOK>Google>>>IME

という,まだATOK優勢の印象。

ただ,ATOKが有料ソフトということを考慮するとGoogle日本語入力は優秀すぎる日本語入力ソフトであろう。また,これは公開したばかりのベータ版なので,ベータが外れたときにどれくらい進化しているか見物。ちなみに今書いているこの記事もGoogle日本語入力を使ってみている。非常にストレスなく打てて大変満足。


そして,「Googleは無料でなんでも作ってすごいなぁ。」と思ったそこのあなた!この本をよむべし。

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略 クリス・アンダーソン (著)
 

もはや今までのお金を払ってソフトを使う時代は終わりに近づいているだろう。Googleは今まで当たり前だった有料のビジネスモデルを大きく覆そうとしている。何かを得た対価としてお金を払うというパラダイムから一歩抜け出すにはどうすればよいか。Googleから学ぶことは多い。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/744-8c305440

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。