スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識への投資は常に最高の利息がついてくる (ベンジャミン・フランクリン) 

“An investment in knowledge always pays the best interest.” - Benjamin Franklin -

僕の座右の銘だ。

その知識を増やすために,僕は本や雑誌をよく読む。ちなみに今日読んだ雑誌や本をメモしてみたらこんな感じだった。

■雑誌(今日読んだ順)
ENGLISH JOURNAL NATIONAL GEOGRAPHIC 日経WOMAN 週刊東洋経済 週刊ダイヤモンド TIME non-no AERA 月刊ビジネスアスキー Newsweek SwingJournal モノ・マガシン 日経トレンディ DIME 日本カメラ デジキャパ PRESIDENT 日経パソコン オートバイ ホリデーオート CARトップ モダンリビング 住まいの設計 PLUS 1 LIVING MORE MEN'S CLUB

■今日買った本
マイクロソフトでは出会えなかった天職 日本の論点2010

■今読んでいる本
ザ・ゴール

■今日読んだ新聞
朝日新聞 日経新聞 日経MJ

特に雑誌は多いと思われるかもしれないが,これはほんの一部。今日図書館で読んだものだけなので,書店でチェックするものを含めるとこの倍以上はチェックしている。

本以外にもmixiやfacebookなどのSNSも使うし,RSSで気になるブログやニュースなども常にチェックしている(毎日300前後の記事が引っかかる)。RSSが無理なら更新チェッカーも使っている。

ただ,注意してほしい。こういったインプットの活動は知識ではない。いろんなメディアで得た知識を本当の知識にするためにはアウトプットも非常に重要だ。概念図を書くとこんな感じだろうか。
DSCF0917.jpg

インプットしたものが全て知識になるわけではないし,その知識がすぐ利息になることはない。まずは得た知識を何かしらの方法でアウトプットする必要がある。アウトプットして初めて本当の知識になることが多い。アウトプットする方法は人に教えたり,ブログに書いたりすることでいいだろう。

例えば,人に物事を教えるときにうまく教えることが出来なかった経験は誰しもあるはずである。そういったときはその知識は知識として定着していない証拠だ。逆に人に教えることで自分なりに知識を言語化でき,それによって今まで以上に理解が深まった経験がある人もいるだろう。また,勉強するときに紙に書く作業,これもアウトプットの一種だ。参考書をひたすら眺めるよりも,一所懸命紙に書いた方が記憶の定着がよいことは受験を経験したことのある人ならわかるはずだ。

ちなみに,このブログを立ち上げた理由のひとつに「自分の頭の中にある思考を言語化する」というものもある。自分の思っていることをいざ書こうとすると,なかなか書けないものだ。僕が毎日更新するのはそういった「アウトプットするクセ」をつけるため。毎日毎日,ご飯を食べているときも本を読んでいるときも通学しているときも,ブログになるネタはないかと常に思考している。そういったアウトプットするクセをつけていれば自然とインプットされるようになる。心理学用語で言うなら「カラーバス効果」。意識していれば見えなかったものが見えてくる。

将来の利息のために知識を増やす。その知識を増やすためにアウトプットを意識しながらインプットする。そういった習慣はこの時代を生き抜くために非常に重要なことなのではないだろうかと日々思考を巡らせながら。


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/752-d662f145

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。