スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画で英語の勉強するなら CyberLink PowerDVD 

日本経済新聞には毎週土曜日に「日経PLUS1」という別紙が入っている。僕はこれが大好きで欠かさず読んでおり,2010年1月19日の日経PLUS1の1面に「長続きする社会人の英語勉強法」という記事が。その中の第1位は「英語の映画やテレビドラマを見る」だった。確かに僕も「FRIENDS」や「プラダを着た悪魔」,「ショーシャンクの空に」や「不都合な真実」をレンタルして英語を勉強している最中だ。

さて,日経では

1. 日本語吹き替えを最後まで見て内容を覚える
2. 字幕を消して英語の音声で見て聞き取りをする
3. シーンごとに英語の字幕付きで見て,聞き取れなかった部分を確認する
4. 6~7割聞き取れるようになるまで2と3を繰り返す
5. 聞き取りが難しい部分は声に出したり書き取りしたりして確認する

と紹介されているが,非常にめんどくさい!!!そもそも日本語と英語の字幕を同時表示させたらいいんじゃね?と誰もが思うはず。

というわけで,そういった思いから世に広まったソフト「超字幕」がある。好きな映画で楽しみながら英語を勉強しようというコンセプトからか,日経トレンディの「2009年度ヒット商品ベスト30ランキング」で16位に入った製品。

しかし,それでもわざわざTSUTAYAに行けば100円でレンタルできる商品を,わざわざ専用ソフト使うなんてばかばかしいと思うのも僕だけではないはず。というわけで調べたら「CyberLink PowerDVD 9」なるソフトでその機能を享受できることを発見!ネットショップのセールで早速購入してみた。
WS000053.jpg

同時表示させるとこんな感じ。
WS000054.jpg

このソフトの初期投資に数千円かかるが,あとはTSUTAYAでDVDレンタルしてくればほぼ全てのDVDでこのように英語の勉強ができる。超字幕を買うよりかよっぽど安上がりだし,2つの字幕を入れている世の中にある全てのDVDで可能な方法だ。

というわけで,果たして僕は何回アン・ハサウェイを見たのだろうかw さっ,勉強しよーっと♪

    

※PowerDVDを買う前の同様の記事はこちら


もしよければクリックおねがいしまっすm( _ _ )m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/778-d1bdd712

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。