スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンの為の梅雨対策グッズ 

IMG_0321.jpg

今年の関東地方は例年より10日ほど早く梅雨入りした。1年で最も嫌いな梅雨時季。ちょっとでも快適に過ごしたい。そんな思いは誰しも同じと思う。

特に社会人になってからの雨の日の通勤は本当に嫌だった。それではなぜ雨が嫌いなのかとその根本原因を考えると,「傘を持つこと」「靴が濡れること」の2つが自分のなかで嫌と思う大きな原因ではないかと考えた。そのためそれらを解決するために,以下の2つを揃えてみた。そうするとそれだけで雨の日の通勤はそれほど嫌ではなくなったのだ。この2つは梅雨時季のマストアイテム。ぜひぜひチェックしてみてほしい。


■折り畳み傘
満員電車の中で傘は持ちたくない。

一番は痴漢冤罪防止のために,基本的に両手は挙げておきたいのだが,傘があると必然的に腕を下げる必要がある。また運よく座席に座ることができたとしても,今度は傘の置き場所に困る。一番端の座席に座ることができたら横の手すりに傘を掛けておくこともできるが,今度は持って降りるのを忘れてしまう。

そして単純に濡れた傘が他人に当たるとその人に迷惑だ。他人に迷惑をかけないという僕のポリシーに反する。だからと言って,カバンに入る通常の折り畳み傘は開くのも閉じるのも面倒である。

そのため,行き着いたのはただの折り畳み傘ではない,ワンタッチで自動開閉できる機能の付いた折り畳み傘だった。有名なのはおそらく以下の2つ。totes(トーツ)は2,3年ほど使用してから雨漏りしたので,現在はKnirps(クニルプス)を使っている。両方非常によくできていてオススメできる。

畳んだ時はちょっと大きめだが,折り畳み傘の割に広くて頑丈,そしてワンタッチで開閉できるので,持って行くのが億劫にならない。



■撥水靴
スーツで通勤する大多数のサラリーマンは,もちろん毎日革靴を履いて出勤する。

"革"なので基本的に雨に濡らしたくはないが,そういうわけにもいかないのが日本のサラリーマンである。雨に濡れると革は痛むし,靴の中は蒸れるし,非常に滑りやすく危険であるし・・・革靴での通勤は苦痛でしかなかった。

それがここ最近,雨用の革靴のラインナップを各社増やしているのか,百貨店で雨の日用革靴コーナーを見かけることも多くなった。この雨の日用革靴で通勤すると,前述の不快な部分が解消され,雨の日の通勤も比較的嫌ではなくなった。

僕は通勤で使う革靴はスコッチグレインでしか買わないので,スコッチグレインの中でもシャインオアレインというシリーズを購入している。スコッチグレインのほかにも,いろんなブランドで同様の雨用革靴が取り揃えられているので,自分の好きなブランドで探してみてよいと思う。


とりあえずこの2つは,梅雨時季の為だけにでも買って損はないと思う。うん。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/801-d41bae33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。