スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の出勤と送別会2回目 

今日が最後の出勤だった。5ヶ月間ほどのかなり短い間の仕事だったけど,本当に充実した毎日だった。

そもそも"バイト"じゃなくて"仕事"として,一社会人として働くことができたのがうれしかったし楽しかった。アパレル業界という自分の好きな分野で力を発揮できたのもうれしかった。スタッフがよすぎて毎日が楽しかった。上司も尊敬できる人で,自分が社会人になり部下を持つようになったら,ああいう上司になりたいなぁなんて思った。

今日は朝から全く最後の出勤という実感がなかった。いつも通り電車に乗り,いつも通り出勤して,いつも通り接客して・・・ただ一つ違ったのはいろんなフロアの人たちがわざわざ僕に挨拶に来てくれたり,プレゼントを用意してくれたりした。こんなちょっとしか働いていないのに,これだけ多くの人にかわいがってもらったことを思うと,勤務中に泣きそうになった。

退勤が近づくにつれ,だんだん実感がわいてきた。胃が痛くなった。まだ働きたい。学生に戻りたくない。またあのお客様に会いたい。取引先に挨拶したい。物流の人に挨拶したい。あの人に思いを伝えたい。あのスタッフにお別れを言いたい。

レジをしめて,暗くなった売り場を見た。この広い売り場であくせく働いてたんだなぁと,あの年末年始の忙しい時を振り返ったり思い出話をしていたら涙が出てきた。最後にみんなへメッセージを書いた。書いていたら涙でノートがにじんでしまった。

外に出たらいろんな売り場の人が集まっていた。僕のために今度はいろんな売り場の人が集まって送別会をしてくれるそうだ。あとに,いろんなフロアの人たちに声をかけまくってくれていたと聞いて胸が詰まった。

居酒屋でふらふらになるまで飲んだ。外に出てみんなから一言メッセージをいただいた。そのときも涙が止まらなかった。本当に素敵な方達と出会えて,心からよかったと思う。

もし去年どこかの大学に合格していて,浪人せずに学生をしていたら,こんな経験をすることはなかっただろう。そう考えると人生って不思議なものだなぁと思った。学生の間に社会人をまたいだことや,浪人生活をしたこと,ある意味自分にとってプラスになったと思う。

このアパレルで働いた経験と出会った人たちは一生ものだと思う。一生に一度の出会い,もう会えない人も沢山いるだろう。今このときを大切に。一期一会。


何かみんなで遊びに行くたびに写真を撮って,そのたびにプリントしてロッカーに張った思い出の写真。(ちょっとモザイク処理)僕の大切な思い出。
P1000988.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://halog86.blog35.fc2.com/tb.php/81-6bfe9540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。